2010年11月11日

ワークショップ終了

ザンダー先生のワークショップが終了いたしました
遠い地から、またお忙しい中お集まりくださった皆様、ありがとうございました
とはいえ
ザンダー先生のことを知っている皆さんですから
遠いとか、忙しいとか…関係無いのでしょうね
この一期一会かどんなに貴重なことか
皆さんは重々承知のことでしょう

そして今回も
其れは面白い、有意義な時間を過ごさせていただきました

先生は怒涛のようにお話し下さいました

どのお話が印象深いですか?

それぞれ皆さんの胸の内にあることでしょう

今回のキーワードは
(沢山ありすぎて絞るのが難しいですが…)


「知らないことを言うな、書くな、教えるな」

でした

この単純で当たり前のことが
どれほど難しいことでしょうか

テレビで、ネットで
洪水のように押し寄せ、溢れる情報の中

誰かが言ったり、行ったりしたことを
まるで我が事のように話してしまう
危うさ
行く末は妄想と現実の区別がつかなくなってしまう

其れがこの世の中に起こっていることであり
私の体の中に起こっていること

あの人が言っていたこと
あの本に書かれていたことを
まだ実践もしていないのに
まことしやかに
人に語ってはいないでしょうか

事実を確かめるためには
体験するしかありません

体験していないことは
想像することはできても
決して現実ではない

何かを学び
実現していくには
実践するしかない

思いと、、、
というよりも、思い込みと現実とのギャップ
その深い溝に落ち込んでいるために苦しむのです
思い込みが現実だと思っているから


知らないことは恥ずかしいことではありません
わかっていることだけを、シンプルに行いなさい

そう先生は念を押されて行かれました

この単純で当たり前の教えが

身に沁みるのは

先生のヨーガを練習していると
何が問題で、何が見えていないのかがはっきりと現れてくるからです

複雑に入り組んだ世の中で、複雑な仕組みの体をもてあまし
体調を崩して
薬やいろいろな情報を取り込んで
ますます複雑にしてしまっている
そんな日々ではありませんか?

シンプルに
単純に

何と難しいことでしょうか

そしてまた
経験することの大切さに気付かされ
歳を重ねていくことの大切さをかみしめ
生きていく意味を考えるのです

今年もまた
骨身にしみる
素晴らしいワークショップでした

内容については
おいおい
体験と共に自分の中に取り込まれたことから
書いてみようかなと
思っています

庵主





posted by 庵主 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | yoga
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41679945
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック