2011年07月02日

ナタヨーガについて

ナタヨーガの特徴は

カラナ


と呼ばれる動きの基礎となるポーズを持つ事でしょうか

どんな運動、動作も

一つのポーズ=姿勢の連続した連なりからできています

歩いたり、走ったりの動作

運動、流動的な動きが

ポーズ=静止した動作と同じものとは考えにくいですね


例えば1流のスポーツ選手

その一瞬をとらえた写真

まるでポーズをとっているかのように

決まった、美しいものがあります


あるいは大変に難しい体勢でも

バランスを保って身構えることができる人は

高いパフォーマンスが行えます


実は私たちの動作には基本となる姿勢=ポーズがあり

ポーズからポーズへと無駄なくスムーズに移行することで

連続した運動が成り立っている

というのがこのお話の主旨です




正しい位置に立つということは

骨の発達に大きくかかわっており

(垂直に働く重力と深いかかわりがあります)

それは血液や栄養など

生命に欠かせない要素を含んでいます

また足裏や手の平、体のあらゆるところに

臓器や体の機能とかかわりがある

マルマ(中医学ではツボといわれる)があり

それを刺激したり

マッサージをすることで健康増進に

つながることはもはや常識となっています



カラナでは体をリラックスさせ

小さい動きの中で

体重の乗せ方

関節の回転

指先の感覚に至るまで

全身のあらゆるところに繋がっていくことを意識しながら

体の奥へ奥へと集中していきます

そして

ついにはより微細で繊細な領域へ至る



そんな技が


ぐぅっ〜と濃縮されています


このお話だけでは様子が見えませんね…

動作は無意識に起こるのではなく

常に正しい立ち位置を意識して行われるべきである

その理由は

体の姿勢が色々なマルマを刺激することになり

正しい刺激がなされることで健康につながり

不自然な姿勢により

よくない刺激がなされ、体の不調につながる

だから正しい立ち位置を身に着けることはそのまま健康に直結している

ごく簡単に表現するとこうなります



しかし、しかし!

どうか皆さんもぜひ体験してみてください

体の構造が

その機能が

エネルギーの発露が


身をもって体験することができるのです


集中力と繊細な感性


強靭な体とゆるぎない心


これらすべての事がこのナタヨーガには


凝縮されています


そしてアーサナ、プラナヤーマへと繋がっていきます



長い時を経て現代によみがえった

古の技を

この機会にぜひ皆さんも体験してみてはいかがでしょうか





この11月にザンダー先生は

お忙しい中、時間を作り

札幌に来てくださいます


この機会を逃しては!!

もったいない!!


興味を持たれた方は是非お問い合わせください

庵主
posted by 庵主 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | yoga
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46492055
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック